セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイサンシャインストーリー

2013.09.17 (Tue)
ブログはまたも滞りがちです
ちょっと調べ物に追われたり


今はやり?のワードプレスというものを
いじりだしたりでフワフワしてます

天気も悪かったので気持ちも弾まないし


もう一つ福島の汚染水の話が
どうも腑に落ちないし人の無力さというか

自然じゃないんだ、な


おいらはかなり水に浸ってというか
なじんで生きてきたから


水には思い入れもあって
今回の福島のドタバタは空虚な戯言に
しか聞こえないんだ

もともと水の惑星だかんね
地球は

水をせき止めるとか
海に流さない、

とかの話を聞いてると
アカンね、もう

おこがましいっての
まったくさ

文句いってもしかたないけど
まず水五訓というのがあります

「水五訓」
  

一.自ら活動して他を動かすは水なり
  

二.障碍に遭いて激し、その勢力を百倍するは水なり
  
三.常に己れの進路を求めてやまざるは水なり
   

四.自ら潔うして他の汚濁を洗い、
   しかも清併せ容るるは水なり


五.洋々として大海を満たし、
   発しては雲となり、雨と変じ、
   凍っては玲瓏たる氷雪と化す
   しかもその性を失わざるは水なり


人は水のように清くひたすらに
生きて行ければいいと

格好良くもあるけどそうはいかないもので
困ったモノですが


こういった水の流れというか
性質をわかるなら、ちょっとの土地を凍らせたり
壁を作ると言った話はないだろうと思うよ

水にはもっと謙虚にいかないとね

二、あたりは今回の台風の教訓のようだわな


もう一つ老子様もこういってます

上善若水(老子第8章)

最上の善を例えるなら水だ。
万物に利沢を与え育て上げ、水自体は利を争おうとしない。
それどころか一般の人が避ける場所、例えば低い土地に居る。
目立たず、万物を潤している。
これが自然の法則に最も近い。
居場所を良い大地にし、澄んだ淵のような静かな心境で、
仲間には仁を、語らいは信頼を、
善いまつりごとで治め、仕事は良く機能し、
時を失するような事は無い。
水の偉大さは万物に順じ争わないこと。だから咎められるような事は無い。



思うに

地球のリズムを狂わしちゃいけないやな
水の惑星は水はいい方に浄化しようと


するわけなのに
核で汚してなんとかしようとしたって
そうはいかないよ

どうしていいかは
わからないけど、地球は、水は
自然に星を浄化するだろうからね


人がどうこうするより
地球は地球のリズムで地球自体を
浄化して有り続けるだろうし

人なんか関係ないかもしれないよ


お世話になってるのは
人のほうなんだから



なんだかこっちも何をいいたのか
よくわからなくなってきたけど

ただ地球は台風一過
さわやかな日も用意してくれる


今日あたりはバイクでアスファルトでも
気持ちのいい日だろうな


と感じさせてくれる陽気で
あの映像がぴったりです


個人的に

別にフルカウルのレーサーじゃなく
セローやネイキッドで

マッタリ走りたいやね
陽を浴びてね



チャオ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。