セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ

2010.03.09 (Tue)

頭くるなぁー、アメリカ

アカデミー賞気分台無しです、
なんで楽しい映画のお祭りに1国をおちょくるような事しなくちゃいけないのでしょうか?


シーシェパードやら環境保護団体やらはそんなに偉いんでしょうか?
四足動物は食べても良くて、海洋哺乳類がダメって誰が決めたの、

極東の小さな島国が生きていくためにわかっているだけでも400年の歴史の中で培われた文化なんだ、

良政か悪政かはわからないが”生類憐れみの令”って環境におかれても必死に生きてきた文化なんだ

ほっておいてくれよって話だよ、


そんな人の国の揚げ足取るようなことばっかりやってるからストーリー書けなくなるんだよ、

イルカ食って野蛮な国のストーリー、今度は”幸せの黄色いハンカチ”だよ、健さんの名作を盗んでいくくせにさ、
野蛮な人間があんな映画つくれるかっていうの、リメイクだってやめてくれって

HACHIみたいにそのままやってくれるならまだ許せるけど変にいじるんじゃないっての、

せっかくの映画のシーズンなのに、テンション下がるよ
なんぼか日本のほうがよかったよ、別れた夫婦対決だ、メールで投票妨害とか

オレが憧れてたアメリカじゃないんだな、もう

カルガリーの開会式にニールヤングが出てきて憧れてたころ少し思い出してね、

ビートルズもよかったけどアメリカのウエストコーストからの響きにも酔ったもんだよ

ニールヤングの「ハーヴェスト」、キャロルキングの「タペストリー」は2大名作だよ、

キャロルキングはあとからカーネギーコンサートってピアノだけのライブがでたけどそれもいい。

そんな気持ちも吹っ飛んじゃったな、


大体ハートロッカーって見てないけど戦争物でしょ

見て気分いいの、アメリカ人だけじゃない、

前にもいったけどアバターは反戦のニュアンスが強い、
なにかそれだけの争いって気もするよ

昔、クタのダウンタウンのオープンテラスで映画やっててね、
オレは横通っただけだけど、

現地の人がその店のなんていうかな車の死角の部分、
店の中のゲストの邪魔にならないよう、店の営業にも邪魔にならないぎりぎりのところに無数にいて、

店の画面見てるんだ、真剣な表情でね、お店の人もそんなことはわかってるし、ゲストだってやさしいよ、

少しはなれて遠くから見ると人だかりが異様だけどね、

映画は「タイタニック」だった、

昼間道端で飾り物や布切れ売ってるだろうカバンを抱きながらとの

子供達がホントに食い入るように見てるんだ、そういうチカラって映画にはある

ほかでもそういう景色はなんどか見た、

でもああいう子供達はハートロッカー、見るだろうか?

きっと見ないと思うし、見たくないと思う、子供達はそこに夢を見れないからね

アバターは見ると思うきっと食い入るようにね、ラブストーリーの面があるから

そういった映画の役割なんか無視して、

自国の戦争を正当化したいのがアカデミーなら、オレは鶴瓶でいいよ

そんなアメリカにイルカのことなんて言われたくない、

海はね、凄いんだよ、神様がそう作ったの。無限に命を生むの、(ジュゴンは別ね) 
一匹でどれだけのタマゴを生むかわかってると思うけどね、

地上では最高で8848メートル、チョモランマ、海は何万メートル、

陸には不毛の大地がたくさんあれば砂漠もある、

何も住めないところがあるけど、

海はまだ知らない深海魚がたくさんいる、元から考えても海は地球の7割だよ

そのほとんどに生物がいて、海草が生え、貝もいるんだ
いざとなったら人は海のもの食べて生きろって神様が海作ったんだと思うよ

四足殺して食うよりずっと環境にだっていいよ、
シーシェパードはオーストラリアが本部だけどこんな事もやってる

カンガルー駆除

この屁理屈ってなんだろう、恥を知るのは彼らじゃないのか?

おとといの続き思い出したんです、

アレはぐるりのこと⇒木村多江⇒ゼロの焦点⇒木村多江の役もおしんに通ずるところがある。という話の流れでした。

それはまた、


なんかひどいアカデミーだよ、ラジー賞あげてよ

最後によければポチッっと
人気ブログランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。