セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹下佳江

2012.05.28 (Mon)
3年間このためにやってきたと
眞鍋監督はいうけど、アップアップだったよ

サオリちゃんすきだからロンドンで
見れるのはうれしいけどね

選手のほうもいっぱいいっぱいで
けが人もいたのはいなめないけど

2日間圧倒的に高さと戦うつらさが
見て取れて、単に農耕民族と狩猟民族の
基礎体格(体力)のスポーツかと思わされるよ


サッカーで前に宮本ツネが
後半時間がたつににつれ、体格差による
圧迫感を感じた、と言っていた

柔よく剛を制す、と口で言うのは簡単で
制したときは気分は最高だけど
今回にアメリカやイタリアやブラジルがいる

参加することに意義がある
とはいうけど、ZARDヨンギョンクラスが
あと2人くらい欲しいけどね


話は変わって、もし今回ロンドンに
行けなかったら、竹下佳江はどうしただろう?


と考えてた、そして昨日吉田沙保里は負けた
「返されるんじゃないかな?」
と迷っていたそうだ、

前に連勝を止められたときもタックルを
返すのが上手い選手だった


全盛期だったら考えなかったことだろう
諸行無常とはいうけど、
永遠に勝ち続ける事はできないから
ただ体力の面もあるけど、メンタルは大きい


もう1人澤穂希も
澤と竹下は飲み友達で、澤と吉田も仲良しだ
以前に、じゃ3人で飲み会?
と書いたけど、あるかもしれない


ロンドンはめでたく3人揃って
行ける、お互い言わないんだろうけど
3人で選手で行けるのは最後なんじゃないかな?

と3人思ってる、ロンドンで3人で
話すなんてないだろうけど
そういった意味も含めて応援したいやね


こう書いてる自分も若い頃だったら
もうロートルの時代じゃないよ


なんて言ってた?かも知れないけどね

そう考えるとやっぱり諸行無常

なんだね


何はともあれ女子バレー、オリンピック出場おめでとう


と言っておこう


スポーツ違いだけどマインドは同じと言うことでよろしく




チャオ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。