セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア戦

2012.02.06 (Mon)
負けちゃいました。

らしくない、というかかなりやばい負け方です。

今まではボール支配(ポゼッション)はほとんど日本で
中東は引いてカウンターを狙う戦い方がほとんどだった

でも昨日は違った、前の試合もその気はあったけど


中盤でコンパクトに当たるガチンコだ
そして日本はポゼッションを奪われて押されていた

あの~、これって、おいらはポゼッションは
個人の力量+チームの連携、特に個人技の違いだと
思っている

それが負けてるんだから
試合に勝てるわけはない、ボールを取る
パスを繋げてキープして取られないは基本です


それができないから負けるんだ


そしんばそれが出来たとしても昨日は
何したいかがわからない

山崎が早々に怪我して抜けた
(コレはひじ逝ってます、柔道の吉田秀彦のオリンピックと同じ)

といっても山崎がゲームを作れたかは疑問だ

途中ためを作って形に出来たのは大迫くらい
だった、彼は2列目もできるチカラはあるね

でも高校のときはさも簡単そうに
ゴールを決めてたのを考えるとやっぱり前で使いたい


でも昨日いってたカウンターはいい形は見れた

やはり永井、彼は速い、そしてシンプルに
ゴールに最短で向かってくれる

ワクワクさせてくれるよ

永井、大迫、宮市か大津か宇佐美であんな攻撃を
何度も見たいな

清武は遠藤みたいになってくれた
ほうが日本のためかもとか思ってきた


でも昨日は内容が悪すぎた
そしてシリアがよかったよ


はっきり国はアサドでもめている
国に希望が感じられなくてオリンピックで
陽を当てたいという気持ちと
リーゼントの10番に続けという気持ちで

ハングリーさを感じた

日本は綺麗なグラウンドで恵まれた環境で
やっているけど、彼らはまだ環境そのものがハングリーだと思う


10番以外は国内でやっている、
バルサのカンテラのような環境で随分
練習しているように思えた、日本に取り負けない
当たり負けない、専念してるよ、きっと


日本はハングリーだろうか?


なんだか週のはじまりにしては
すっきりしないけど


気持ちを入れ替えていこう


チャオ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。