セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生麦事件

2012.01.05 (Thu)
昨夜はあわてて読書してそのまま
朽ちていました。

どうもテレビの前でウダウダするのに
馴染んでしまい、目標にぜんぜん達していない


テレビですが年末年始を通してみて
お笑いのレベルは相当上がっていると思いました

特にMANZAIは面白いです、感覚が現代的に
進化しつつ更に面白さが増していると
感じました。

決勝は全部優勝でもよかった
あとは好みの問題でしょうけど
どれも秀逸


あとはものまねです。こっちもいいです。
もう直球だけでは通用しません
あまり好きではなかった女性が似せて
歌うだけ歌って、勝利するとアンビリバボー
みたいな顔して勝ち上がっていくシーンは
消えつつあり


お笑いと創造性と複数のものまねが
ミックスされないと勝てません

でもそれが面白さを助長してくれてます、
こっちも決勝は全員優勝でもいいと思いました


日本人はすごい


あとはいつも見る芸人で可もなく不可もなく
いつもどおりの絡み合いですが


その中でも自分の好みがわかってきました、
出ると思わず期待してわくわくする自分の好み


あまりうれしくはないけど

マツコデラックスと森三中の黒沢

趣味良くないよなぁ、おいら


でもマツコのトーク
黒沢のパフォーマンス

なんか期待しちゃうのよ

まぁどうでもいいか

肝心の読書のほうは前半の大沢在昌、夢枕獏の
さわりあたりまではいったけど

その後テレビを見くさったせいでペースダウン
おとといの夜からペースを上げ

最後はある人お勧めの
「生麦事件」で

島津藩の知恵としたたかさを読んで身にまとい
24年にうって出ようとしていたもくろみに
届かない


今はまだ頭の中は7番目のチャクラがどうの
丹波文七がどうの松尾象山がどうの
ヒューーーールルーーーーー


とか格闘とSFでごちゃごちゃで
24年にうってでるなんて
とんでもない

でもやっとリラックス系は読み終え

やっと生麦事件にかかります。


知恵と駆け引きで幕府やイギリスと
やりあったというから

芋焼酎ばっかり飲んでたんでは
ないってとこを確かめよう


ぜんぜん関係ないけど
昨日久しぶりに聞いて

ああこのリズムで粛々といつもの
生活に戻していくのがいいかな


と懐かしさとあいまって

思った

信念は

「パーカッションとボーカルとドラム!
これだけは変わらない!」

今も頭こそスキンヘッドでしたが
元気でした。




チャオ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。