セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐイングランド戦

2010.05.30 (Sun)

見たあとでは何もいえなく
なるだろうから
先になにか言わないと、ですが

もうオシムだったかジーコだったか
思い出せない頃だけど

中盤プレスが効いて
よく相手選手に3人でボール取りに
行くという局面がよく見れた

おまけにそのライン際を上がっていく
ブルーがいたりした


前回のワールドカップの時は
強化試合で高原が目の覚めるような
スピードでカウンターを決め
日本は危険だ!

という今では信じられない
レッテルが貼られた。

それでも本番ではまったく
相手にしてもらえなかった

今は中盤3人で囲める運動量も
俊介や遠藤には望めない

新しいアイデアはもちろんない

モウリーニョだったら‥
野球もサッカーもやるのは人である

モウリーニョは本田をわざわざ
見に行ったらしい

本田でなくても気になる選手は
見に行くと思う

見方が野村さんと一緒だと思う

個人の癖や力量を見ている
ような気がする

あそこのDFの誰は足元、それも右側は抜けるから
右へドリブルで仕掛けろ

とか

アイツにはドリブルはムリだから
外からもう一人必ず行け

とか

守りでもキーマンは誰だから
君と君でマーク、場合によって
君も行くように

とか

今回も岡チャンは練習でカーテン
しいたらしいけど
野村監督みたいに相手の戦法
相手のクセ

1対1でいける方法、その他
選手に伝え、自身を持って
戦えるチカラを選手に伝えられたか?

と考えると‥

前回は上がれればサイドから
上がって
カウンターに気をつけろ!

って、どういう作戦??

だったからね
期待はしないけど試合終わると
毎回何も言いたくなくなるし

目の前にいたら何かぶつけたく
なるからね

またワールドカップ直前には
なにか言いたくなるでしょうから

まずは今日はこれまでで

最後によければポチッっと
人気ブログランキングへ


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。