セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉のや

2013.11.17 (Sun)
どうも最近は食べ物ブログと化してますが

美味しい!と聞くとそわそわしてしまいます

それも高価なモノはともかく
手頃に食べれるとなるとラーメンブームも

頷けます。

そんでもって先日聞いた

杉のや  さん


たしか塩が旨い、とは聞きましたが
シンプルに醤油

杉のや


というか塩は上品なモノが多く
ジャンクな食べ物らしくない

要するに好みというかなんというか
嗜好品なので人それぞれで


無化調とかなんとかいいますが
要するに美味しければいいのですが


ジャンクっぽさがあるのが好きなんですね


というわけなので
今回の杉のやさんもおいしいとは思います
丁寧な仕事が伺えますし


食後舌がピリピリしないということは
味の素とかハイミーは使ってはいないでしょう


よってジャンクさはありません

そうすると人間は不思議なもので


今度はなんとか味噌とかパブリカっぽいもの

とか、おろしニンニクを入れたもの

とか勝手に入れる系やそうでなくても
もっとしょっぱいとか

刺激があるものに思考は向かうんですね


まぁバラエティー豊かで美味しいのものが
たくさんあれば

文句はないので
終わります。



スポンサーサイト

秋保の中華屋

2013.11.14 (Thu)
以前から存在は知ってましたが
どうも怪しげなオーラがあって寄りつきませんでしたが

昨日打ち合わせの話の流れで

秋保方面のあの店に初入店しました

秋保中華


意外に?駐車場も埋まっていて
中もなかなか埋まって


お店は雑多な感じ(メニューも)ですが
お客はどんどん入ってきてました

それも4人、6人、11人単位できます

馴染みさんも多く
東南アジアの食堂??という感じです


食べたのは同行者は「八珍焼きそば」

八珍



私は「サンラー湯麺(辛口)」
頼むときにお姉さんが

「辛くしていいですね」と念を
押していったので覚悟はしてましたが

なかなかの辛さでした

サンラー



また行こう強くは思いませんが
麻婆焼きそば、だけは少し引っかかってますね


今あちこちで誤表示だなんのと
騒いでますが、あの雰囲気でそんなこと
言う人はいないだろうなぁ


とか思いつつ食べてきました

話は変わり


やっぱりマー君はメジャーなんでしょうね

ポスティングがなくなる

ということでメジャー行きが曖昧になって云々 とか

やっぱり連覇に貢献したい とか

やっぱりカミさんが英語イヤだと暴れる とか

で残留!

なんてことはないみたいです、

来年は歯がゆい思いを強いられそうです


松井君が15位勝ってくれれば
いいんですがね

来年の話はまだ早いやね

焔蔵支店

2013.11.13 (Wed)
不動産の大きい団体の研修がありました
内容に気になるキーワードがあり


行ってきました。

広い会場だったのでさぞかし盛大に、

と思いましたが残念ながら閑散と
してまして肩すかしをくった感じでした

皆さんお忙しいのか、興味がないのか
不明ですが熱気がないのは寂しいものです。

内容はさておき定禅寺通りだったので
今年できた「焔蔵」の支店

焔蔵



あるバイク屋のオヤジは
1、自販機だし店も高級感がない
2,そばが固い

などと気に入らないようでしたが
まぁあんなものでしょう

冷たい肉そば



ゆっくり味わうなら中央通りですが
そばの味は同じで私のは固くもありません


ただまるで昼時なのに空席が目立つのは
何かあると思いますね

飲食店は本当にいろいろあって
日々創意工夫を強いられます


なんてことを思いながら
研修会場に行って

閑散としてたもので

ちと複雑な心理にも
なりますよね

考えすぎ??

あだたら高原

2013.11.12 (Tue)

気がつけば冬です、仙台ももう初雪


昨日は福島の二本松から岳温泉方面
別に行かなくてもよいのですが

お客様が住んでいるところというか
ライフスタイルのいうか

考えてるうちに行かなきゃわからない!
と少し無理言って押しかけ?させてもらいました


あの辺りの緩やかな丘陵地はいい感じです
山ではなく高原、


以前しょっちゅういった伊豆高原に
似た感覚にもなりました

古民家風の造りで土壁で
畑があり、で


頭に描いていた風景とかぶってきて
いい感じのうえに

辺りには、タラと私の課題だった


コシアブラが大量にあるんです

コシアブラ


目にも写真にもコシアブラの木を
焼き付け、他の場所でもわかりますように

とお祈りもして

更に親切にもお土産をもらいました


完全無農薬の野菜+原木もぎたての椎茸
コレはおいしかったです。

無農薬


タラもコシアブラもあるので
来春のGWあたりの訪問をさりげなく約束し


戻ってきましたが

最近はホリエモンの新刊や
板東英二の仕事観もあり

高原で自然に囲まれて暮らすという
まるで価値観が違うところも見て

「働く」といったことを行き帰りに
ボッと考えてましたが

答えはないんでしょうね


確かなモノなどなにもない

というところに一旦
落ち着かせて

できることをやる、


凡事徹底

と言ったひとはエライ

やね

てっぺん取ってくれました

2013.11.04 (Mon)
いやぁ、うれしいですねぇ~

すごい展開でやっぱりドラマ仕立てでした


並みの監督や脚本家ならおととい
田中で勝ってチャンチャン

だったろうに

神様を最大限の演出をくれます。
それに答える選手もイケてました


ウルウルなんてものじゃない
最高のドラマを見せてもらえました

ありがとう、です。


一つ思ったことがあって
ファンに選手にはなかった気持ち!

「またか」

もう本当にプロか?
から見てるから

なにかあると

特に試合終盤は今年だってみんなヒヤヒヤで
それで結果は


「またかぁ」

なんてたくさんあった

そうなると少しづつネガティブなことが気になる
星野の仙ちゃんは日本シリーズ勝ってない

松井稼もてっぺん経験がない


すると頭に浮かぶのは

「またかぁ」

なんだけど、選手はちがったわな

これは謝ると同時に尊敬しなきゃ
いけません

ありがとう、です


それと今回の展開、神様が書いたシナリオ
だろうけど

こんくらいだろ、とか

どうせこの程度かな

の少し先
あと少しで

ただの優勝が愛と涙の感動の優勝に
変わる

田中には残念な負けもあったが


結果的には本人にも楽天にも
ファンにも多くのものを


くれたように思いますね

「またかぁ」と
「どうせこんくらいだろ」


と思った時はチャンスかもしれません

 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。