セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバ刺

2012.06.12 (Tue)
イングランドもフランスも形も
プレースタイルも模索中??だったよ

ノーコメントだ

そして日本戦だけどこれも最近
サッカー続きだから明日に回すよ


で、全然話は変わるけど

昔だったら絶対抗議の声を上げたであろう


「レバ刺禁止令」


だめな料理屋の為に、なじみの肉屋や
睹殺場とコネをつけたり

努力に努力を重ねて
新鮮なレバーを手にいれ提供してきた店だって
あるに違いないよ

だって美味しいし、ファンも多いと思う


実はおいらはレバー大好きだった

レバ刺しはもちろんごま油と塩の
たれを付けて食べ、ビールや焼酎をやる


もつ焼きも大好きでレバー塩を
炭で焼いてくれるお店で
振った粗塩のツブツブを眺めてからパクつくのは
無上の喜びだった


だったというのは、数年前から高尿酸血症という
わかりやすく言えば痛風なんだけど


その発作に襲われてからはたべるのは止めたんだ
苦しいのよ、結構

おいらはタバコも遙か前に止めたけど
タバコを吸っている人をみてもなんとも思わないけど


目の前でレバ刺やレバ塩食べてる人見ると
うらやましいんだなぁ、これが


見てるだけでこっちも幸せになるから
いいけどね、でもそれが無くなるってどうなのかなぁ


食べなくなった今でも食べれる人には
おいしく味わってもらいたいけどね


心ない業者のためにずいぶんな人が
落胆してると思うよ、残念だわな

もし痛風が完全に治る薬ができても
食べれないと思うと


やっぱりおいらはさみしいよ
変な業者はバカヤロー

だって


これも諸行無常なのかね

ステイ、ステイ

と思っても世は変わるんだね

だからってわけじゃないけど
お気に入りだったのよ、コレ




チャオ
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。