セドナハウスな日日思考回路

仙台市太白区の不動産屋セドナハウスを生業中に思うことを綴ってます。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興和太鼓

2012.03.22 (Thu)
やっと暖かくなりそうです。

さて復興和太鼓ですがおとといちょうど
話題になって、

関東か関西行ってタイヤの太鼓たたいてた
なんて話になってその時は

そっちでちゃんとした太鼓借りろよ

なんて言ってたけど
アレはタイヤだからいいのかもしれないよ


なんて思ってたらさ
昨日ニュースでなんとドイツまで行って受けてたよ


廃品使ってあそこまでパフォーマンス
するのが素晴らしいというから

綺麗な太鼓よりもよかったみたい

というか「鼓動」が世界でウケテルように
太鼓のパフォーマンスは打楽器では郡をぬく


打楽器というより格好なんです
見てるほうは太鼓の音なんて聞いていない

誰がたたいたってさほどかわりない

だから格好のほうが重要で
打つときしなる腕とバチ、も少しはあるけど

打ったあとの腕とバチが一体となって
上に伸びたり、横にふれたり、

要は見た目が大切でそんなのは世界中さがしても
和太鼓しかないよ


でもこれで思い切りブレークするかも
しれないよ、世界中でさ

サッカーがあの規模で国の豊かさに
関係なくあれだけメジャーになったのは
裸足でも丸い蹴れるものがあればできるから

和太鼓は作れないけどタイヤ、
それも古タイヤだったらなんとかなるよ


だから世界中で古タイヤにビニール張って
みんな叩いちゃう、

ジャマイカはドラム缶で太鼓もどきつくって
叩いているくらいだから


世界中どこでもいけそうだ

そんでどんどんエスカレートしちゃって

原付のタイヤからはじまって
ダム作るとき使う巨大なダンプに使うタイヤまで

大小さまざまな太鼓のセッションに
なっちゃってさ、ワールドカップだよ


そのうちタイヤメーカーも凝りだしちゃって

さすがピレリは音質がやわらかい

とか

ファイヤストーンは響きがいい

耐久性はやっぱりメイドインジャパン

とかね


設置面に付けるエンブレムだって
いいのが出るかもって

朝からヘンな妄想してる場合じゃないか


でもそんなのあったら
面白いと思っただけだよ


チャオ

応援プリーズ↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。